2004年08月24日

Joy of Cooking

Joy of Cooking

アマゾンジャパンで詳細を見る
amazon.com で詳細を見る

この本の初版が発行されたのはなんと1931年。
その後作者の子供、孫へと引き継がれながら改良され続けている本です。
これは1997年に改定されたバージョン。
1000ページもあるこの本はまさに料理の百科事典です。
アメリカで一冊料理の本を買うなら迷わずこの本をお奨めします。

私はあれ作りたいな、、なんて思ったときにはまずこの本を手に取ります。
パンケーキやワッフルを作るときはいつもこの本のレシピですがほんとにおいしいので感動します。
それに定番からアレンジバージョンまで載っているので応用もききます。
とにかくアメリカで思いつく料理はほぼ網羅されている、という本です。

アメリカに住んでいる人にはもちろん、
日本に住んでいる人にもぜったいのお奨めです。
単位の換算表もついていて便利ですよ〜。

そして面白いのが、、この本の初代オリジナルバージョンが復刊になって販売されていることです。


Joy of Cooking-A Compilation of Reliable Recipes With a Casual Culinary Chat

アマゾンジャパンで詳細を見る
amazon.com で詳細を見る

1931年というと、今から70年以上前ですね。
この本ははっきりいって現在の1997年バージョンとはまったく異なる本という感じです。
レシピの手順の書き方も今とは全然違って興味深いです。

レシピは今でも食べられているようなものがほとんどですが、中には今では反対にとても新鮮に感じられるものもあり、読んでいるだけで楽しいですよ。
今ぱらぱらめくっていて目に付いた面白いレシピは、、「ライスマフィン」!マフィンに炊いたご飯を入れて焼いています。楽しいでしょう〜?(笑)

実は私はアンティークストアで見つけた2nd editionも持っています。これは現在では一般では入手不可能。私の大事なコレクションです。
posted by popo at 12:22| Comment(8) | TrackBack(0) | おすすめレシピ本-洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。