2005年01月23日

カルタ取り

午前中は日本人の子供たちのプレイグループへ。次男のお昼寝の時間と重なってしまうので次男はパパに任せてシンと二人で参加してきました。

今日はお正月のテーマ、ということでかるた取りがありました。ひらがなの読める子集まれ〜、ということでシンも参加させてみることに。お遊び程度にしかひらがなは教えていないのでほとんど取れないだろうと思ったけれどまぁ参加させてみるか、と思って。
ところがどっこいゲームが始まると結構彼はシリアスになり彼にしては結構すばやい動きで(笑)カードを取るではありませんか。そしてなんと一番になってしまいました。まわりのママたちにも「あれ〜、シン君ひらがな読めるの?すごいじゃない〜。」とほめてもらってうれしくなった私でした。一番になったとは言っても一番年上だった8歳の男の子はハンデを与えられていたし、一番の実力候補だと思われる男の子は遅れてきて参加していなかった、、というのもあるのですけれどね。それでも上出来でした。いつも控えめでおとなしいシンが積極的にカードを取ろうとしていたのがちょっとうれしかったのです。いつも譲るばかりじゃこの世の中渡っていけないもんね。。えらいぞ〜、シン!
posted by popo at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

ママと一緒にいたいの

If I'm bigger than you are, I can go to your work, and we can stay for long time!
今日シンが私に言った言葉。文法は全然正しくないですが、「僕が大きくなったら僕もママと一緒の会社で働けるからそうしたらずっと一緒にいられるね!」というような意味のようです。じ〜ん。(涙)

ここ2,3日はようやく大丈夫になって来ましたが、クリスマスバケーションから帰ってきてからは学校に連れて行って私が去るときに彼は毎日泣いて私にすがり付いていたのです。

2,3日前の私とシンの会話。

私「今日もシンくんは泣いちゃったんだよね〜。」
シン"Yes, when you leave!"
私「どうして?なんで泣いちゃったの?」
シン"Because I want you to stay for long time!"

どうして泣いちゃうの?なんて聞くと「知らない!」とかいって無視されちゃうかな?なんて思ったのだけどとても素直に元気に「だってママに一緒にいて欲しいから!」なんて言ってくれたのでうれしくなりました。その言葉がうれしかったというのもありますがそれ以上にそうやって感情を私に対して素直に表現してくれたことがうれしかったのです。

学校で毎日泣いてしまう、、というのも感情を表に出すことが出来ているという点では私はよいことなのではないかと思っています。悲しいのを我慢して泣くのをこらえ、感情を抑えているとそのストレスがいろいろなところに出たりする、、という説もあって私はなるほどな、、と思うのです。それに私が去る瞬間には泣いても、私がいなくなればけろっとして遊んでいるのだと思うので。(笑)

話は変わりますがシンは過去の話をする時はいつも"Last night"と言います。例えば「前にこういうことをしたよね〜」なんて言うときも"Last night". そして最近は私が話す言葉はJapaneseなんだと認識したようです。少し前までは英語以外は全部Spanishと言っていたのだけど。
posted by popo at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

祝!トイレトレーニング完了

シンのトイレトレーニングがついに完了!昨日学校でうんちに成功したそうです〜。これでもう安心。ながーいオムツ生活からようやく脱出です。(嬉)

これでプルアップ代が助かる。あれ結構高かったのよ〜。
posted by popo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cozy Coupe

cozycoupe.bmpお友達のちょこちゃんお勧めの車をシンに買ってあげました。
もともと義母がクリスマスに買ってあげるといっていたのだけれどそのままになっていたのです。。でも義母が「あれどうなったの?」と聞いてくれたので(笑)ようやく買うことに。
シンはとっても喜んでいます。値段も39ドル程度とそれほど高くないんですね〜。次男も使うことになるだろうしそれを考えるとよい買い物かな。

でも、、こういうのって結構組み立てに手間がかかるのですよね〜。ダンナが悪戦苦闘していました。

その後夕食を食べたのですが、パパがちょっと席をはずしたときにシンは何かを考えるような顔をして、"I forgot to tell thank you to papa..". そしてパパが戻ってくると"Than you for making the car for me, papa!!"と大きな声で言っていました。ちょっと感動。(笑)育児ってすばらしい♪

最近また「ママ、ママ〜!」の激しいシンです。着替えをするときもママじゃなくちゃだめ、お風呂に行っても"Mama, can you wash me? Papa, you take Ma-kun. Mama will stay here." と、パパが次男の面倒を見て、ママは自分と一緒にお風呂に残れと指示するのです。ちゃんと計画をたてて指示するところがなかなかすごいなと思ったり。(笑)
posted by popo at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

子供とピザ作り

今年の目標の一つとして決めたことに
「週に一度は子供と何かクリエイティブなことをする!」
というものがあります。

例えばクッキー作りでも料理でもクラフトでも何でもいいので週に一度は子供と一緒に何かを作る、という作業をすることに決めたのです。子供ってそういうことから何かを学んでいくものじゃないかなぁと思うので。。それに単純に子供はとても喜びますしね。
私自身、親と一緒に何かを作ったり、、という経験がない(少なくとも全然覚えがない)ので自分の子供には親と一緒に何かを作る、という楽しい思い出をあげたいなぁと思うのです。

週末には子供用の踏み台をペイントしました。でも、、夫に「踏み台をペイントしたいのでペンキを買ってきて」というとスプレータイプのを買ってきたのです。
子供にやらせたいから、と説明しなかった私も悪いけれどまさかスプレーを買ってくるとは思わなかった。。(苦笑)なので子供に手伝わせて上げることが出来ず、パパがやる羽目になりましたが、それでも子供は自分の踏み台をペイントする、という経験がとりあえず出来ただろうからそれはそれでまぁよかったと思います。ペイントの色選び等は自分でやらせたし、好きなグリーンになって喜んでいましたしね。

そして今日はピザ作りを手伝ってもらいました。生地の発酵が終わるとシンはぷよぷよの生地をさわったりにおいをかいだり。それから一緒にピザソースをぬって、チーズやペパロニを一緒にトッピング。なぜか顔に粉がついていてかわいくて笑ってしまった。(笑)とても楽しんでいたようです。

最近ますます食が細くなったようで心配だったのですが今日はたくさん食べていました。自分で作ると特別だっていうのが少しはあるのだろうなぁ、と思います。

一緒に料理するのって子供も親も楽しいし(ちょっと辛抱強さが必要ではありますが)とてもよい経験+教育になると思うのでこれからもどんどん一緒にチャレンジしてみたいなと思います♪


半分はハラペーニョの乗った大人用、そして半分がシンプルな子供用。

posted by popo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

トイレトレーニング完了!..かな?

シンのトイレトレーニングが3歳半にしてついに完了しつつあります。冬休み中にトイレトレーニングはもうばっちりのいとこのダニエルと一緒に遊んでいたのもよかったみたい。一緒に二人でトイレに行ったりしていたので。(笑)
「うんち〜」もちゃんと言えるようになったんです!ただし学校ではまだ一度もうんちをしていないらしいので、、学校で出来るかどうかはちょっと心配ですが。。
去年まではお昼寝の時間にはプルアップに履き替えさせてくれていたのですがそれももう大丈夫だろうから、とやめてもらうことにしました。今のところ平気のようです。家でも夜寝るときは朝までパンツで平気なのできっと大丈夫でしょう

長かったけれど終わってみるとあら、なんてことなかったわ、という気もするものですね、ほんとに♪
posted by popo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

泣いちゃった

シンは2週間ぶりの学校です。学校に連れて行き私が去ろうとすると「ママ〜ぁぁ」と泣いていました。2週間べったりだったのだからしょうがないですね。

それでも迎えにいって「楽しかった?」と聞くと「うん」と言っていたし、朝別れるときにちょっとさびしいだけであとはきっとケロっとしているのだろうなと思います。

帰りの車の中で"There was a rat. It was dead."とわけのわからない話を始めました。「え?どこで見たの??」というと"Pet store!".
学校でペットストアに連れて行ってもらったわけはないし、、と家に帰ってもう一度聞いてみると仲良しのディビッドがそういう話をしていたと言う事でした。なーんだ。(笑)
posted by popo at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

寂しい〜っ

こちらに来てからというもの、長男は私のことを「無視」です。
従姉妹のダニエルと遊ぶのに夢中。もう彼らのラブラブぶりはすごいです!
それからおじさんやおばさんにもべったり。
私が声をかけてもほとんど無視ですよぉ〜。
ママ寂しい!(苦笑)

いったいこの長男の行動はどういう心理状況なのかなぁ。
今日も私が彼のカーシートのバックルをとめようとしたら
"No! I want uncle to do it!"
ほんと寂しい〜っ。

でもある意味私はとても楽なので、今は次男と遊んだり、本を読んだり、、ちょっとのんびりさせてもらおう。。と思いマス。
posted by popo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

トイレトレーニングその後

長男のトイレトレーニング、、いまだ難航中です。
もう3歳半なのに〜。

普段学校に行く時にはパンツを履いて行かせます。
お昼寝前(ランチタイムあたり)にプルアップに履きかえさせてくれるようなのですが、それを見計らったように「うんち」をするそう。。(苦笑)
家でもまだうんちは数回成功したのみ。

今週は次男のデイケアに行っている彼ですが、
そこではおしっこもトイレで出来ないらしく困ってしまいます。
シャイな彼なので恥ずかしいのか。。
トイレに連れて行くと泣き出して、そのままそこでお漏らししてしまうんだそうです〜。困った、困った。
というわけで毎日ぐっしょり濡れたパンツ、靴下、そして靴を持って帰ってきます。明日は最終日ですがもうプルアップで行かせよう。。。(この妥協がいけないのだろうけれど、、)

トイレトレーニング、いつになったら完了するのでしょう〜。
posted by popo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

I like you, Mama!

長男は毎日10回くらい
"Mama, I like you!" と言ってくれます。
そのたびに私は「ママもシンくん大好きだよぉ〜!」と答えます。
ラブラブ親子です。(笑)
たまに
"I like mama. I like Ma-kun... I don't like papa! He is kusai!"
なんてことも言っています。
パパがくさいとかダサいとか私がよく冗談で教えていた結果です。
パパごめんね〜。

でもシンはほんとに"Polite"(礼儀正しい?)です。
夕飯を食べる時はよく
"Yummy! I like it. Thank you mama, for making it!" とか
あと何か買ってきたものを食べさせる時でさえ
"Thank you for buying this for me!".

おもちゃなんかを買ってきてあげると
"Is this for me?! Thank you! Thank you, mama!"。

ほんとに気持ちがいいです。
どこで覚えてきたのだろう。学校でしっかり教えてくれているのかなぁ。

私もよく息子に「ありがとう!」というように心がけています。
例えばちょっとしたお手伝いをしてくれた場合。
たとえそれがかえって邪魔になっていたりしたとしても
「手伝ってくれてありがとう!」。
それから何か彼が要求をして、それに答えてあげられないとき
(例えばおもちゃとかお菓子を買って!とねだられて、ダメだといわないと
いけないとき)など、言い聞かせてわかってくれたら
「シンくん、わかってくれてありがとう!」などなど。。
たいてい大げさに褒めることにしています。
「うわ〜、シンくん優しいなぁ。ほんとにありがとう!」って。
そうするととても自慢げなうれしそうな顔をするから。

もしかしたらそれが影響しているのかな。
だとしたらうれしいことです。

これから成長していくにつれて、人に何かしてあげても「ありがとう」と
言ってもらえなかったり、または反対に迷惑がられたりすることもあるでしょう。
そういう場面に出くわしてもめげず、自分は周りの人に対していつも
感謝の気持ちを持って「ありがとう」と言える、そういう人に育ってもらいたいです。
(これは自分自身に対する課題でもあるのですが。。)

「感謝のあるところに不満はない」
どこで聞いた言葉だったか忘れてしまいましたが
ほんとにその通りだなぁ、と思います。
いつも「ありがたい」と思う気持ちを持っていれば
何かを不満に思うということはきっとないのではないでしょうか。
でもそれで向上心がなくなってはだめなので
そこが難しいところですね。。
posted by popo at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

長男の学校は冬休み

長男シンの学校は今日から冬休み、、でも私たちは仕事。
というわけで今週一週間(月〜木まで)シンは次男のデイケアで預かってもらいます。
次男のデイケアは融通が利くのでほんとに助かる。。
これがなかったら乗り切れなかったなぁ。

シンには少し前から
「クリスマスの前の最後の一週間だけマー君と同じ学校に行ってね。
でもそれが終わったら楽しいクリスマスだからね!飛行機に乗ってカリフォルニアのおじいちゃんおばあちゃんの家に行くんだよ。ディズニーにも行こうね。」
と言い聞かせていました。
とくに「嫌だ」というようなことも言わなかったのでホッと一安心。

そしていよいよ今日シンをマーと同じデイケアに連れて行きましたが
明らかに少しずつ親離れしているなぁ、と感じました。
前は先生に手を取られないと親の手を離さなかったのに
今日は「ここに座ってね。じゃあ後でね!」というとおとなしく一人でテレビの前に座り(ここのデイケアは朝いつも子供たちにテレビを見せているのです、、)ちょっと不安げにはしていましたがぐずぐず言うことはありませんでした。

心配なのはトイレ、、新しいところでちゃんとトイレにいけるかなぁ、と。。
トイレに行きたくなったらちゃんと先生に「トイレ!」って言うんだよ、というとうなずいてはいたのですが。。

夕方迎えに行くとシンはなんだか居心地悪そうにテレビの前に座っています。
(ここ、夕方にもテレビを見せているのです。。)
見るとズボンも靴下もびっしょり濡れている。。
もう担当の先生も帰ってしまったあとだったし、きっとトイレに行きたいと言えなかったのでしょう。。かといってズボンをぬらしてしまったことも言えずにそのまま座っていたと思われます。(ジーンズだったので濡れたのも触るまでわからなかった、、)
とてもかわいそうになってしまいました。
気持ち悪かっただろうになぁ。

本人はそれほど気にしている様子もなかったし
楽しかった?と聞くとうん、と言っていたので彼自身はそれほどダメージを受けていないようで心配はなさそうですが、、
お友達できた?というとそれも「うん!」と言っていたし。

でも2人のお迎え場所が一箇所で済むのはやっぱり楽です。

このデイケアで気になるのはしょっちゅうテレビを見せていること。
朝メインの先生が来るまで、そして夕方またその先生が帰ってしまった後は基本的にテレビをみて過ごしているようです。
しかも朝なんてスポンジボブとかそういうアニメを見せているんですよねぇ。。
教育番組ならまだしも。
日中はクラフトをしたり、アルファベットを書いたり、、と色々教えてはくれているようですが。

赤ちゃんにはテレビを見せないので1歳半くらいになったら
他のところに移せばいいか、、なんて思ってここに決めましたが、
マーの学校を移してしまうと今みたいにシンの学校が休みのときに彼を預かってくれる場所がなくなる〜。他のデイケアはこんなにフレキシブルに預かってくれないだろうと思うので、、
これからちょっとリサーチが必要そうです。

posted by popo at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

やさしいお兄ちゃん

長男シンは甘えっ子だと思っていたし、二人目が出来たらやっぱり
やきもちを焼くこともあるのだろうなぁ、と思っていました。
でも、、次男が産まれた瞬間から彼は弟を受け入れる態度を示し
私たちをとても暖かい気持ちにさせてくれました。
シンは産まれたての次男の横でぴょんぴょんと飛び跳ねていたなぁ。

そして今次男は8ヶ月。
今までシンは一度たりとも弟に対してやきもちのようなものを見せたことがないのです。これは正直言ってちょっと驚いています。
次男に手がかかってでシンに「ちょっと待ってね。」とか「あとでね。」とか言うことも多いのにそれでかんしゃくを起こしたり弟のことが嫌いだとか言ったりすることはまったくありません。
しょっちゅう"I like Ma-kun"と言っているし、何かとそばに行きたがる。
そして次男がいないと"Where's Ma-kun?"
最近では"Look, Mama! Papa! Ma-kun!"と何かを見て欲しい時に弟の名前も
含めています。(笑)
ほんとによいお兄ちゃん。私の子供とは思えません〜。
(私は自分で言うのもなんだけど超意地悪な子供でよく妹をいじめたので。。
今となってはすごく後悔してますよ〜。)

でもこれもきっと次男がもう少し大きくなると変わってくるでしょう。
気の弱いシンはきっとマーに泣かされるようになると私は予想しています。(笑)
そしたらもうマーなんて嫌い!なんて言いはじめることもあるのかなぁ。
きっとマーはお兄ちゃん大好きっ子になるだろうと思うけれど
けんかもいっぱいするんだろうなぁ。

これから2人の関係がどう変化していくのか、、楽しみなような
怖いような、、です。

posted by popo at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

クッキー作り

今日の長男の学校からのお知らせに
「金曜日にホームメイドのクッキーを持って来てください。」
と書いてありました。
「子供と一緒に作るように。お店で買ったクッキーは持ってこないように。」

シンの学校では普段クッキー等の甘いものは絶対に食べさせないので珍しいことです。金曜日はシンの学校の今年の最終日、そしてホリデーということで特別なのでしょう。

クッキーなんて焼いたことのない親もたくさんいるのだろうなぁ。
そういう人がこの機会に子供と一緒に悪戦苦闘して作る、、というのは
とてもよいことなのでは、と思います。

私は今よく言われる「食育」という言葉がとても気に入っています。
料理やお菓子を作る過程というのがどんなものかを教えてあげるのもとても大事な「食育」ではないでしょうか。

実は子供と一緒にホリデークッキー作りをしたいなぁ、でもそんな時間あるかなぁ、なんてぐずぐず思っていたので(笑)これは私にとってもよい機会でした。
これで絶対に作らなくちゃいけなくなった。(笑)
明日かあさってに張り切ってシンと一緒にクッキー作りをする予定です。
どんなクッキーにしようかな。
前にマーサが紹介していたステンドグラスクッキー
一度作ってみたかったのだけどたいへんかな〜。


posted by popo at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンタの存在

お友達のちょこちゃんの日記を読んでちょっと考えてしまいました。
サンタの存在を信じ込ませると、それが作り話だったと知った時のショックが大きいので子供たちにはあまりサンタを信じて欲しくない、と。
そんな風に考えたことがなかったのだけど、彼女の日記を読んでから
色々と考えるようになってしまった私です。
自分自身にはサンタを信じていたとかいなかったとかいう記憶が全然ありません。信じていたのかどうかも覚えていません。
きっと親がサンタの話をしたりしなかったのだろうと思っていますが
ただ私の記憶力が悪いだけかも。(苦笑)
でもそんなわけでサンタに特別思い込みを持ったことのなかった私は
サンタの存在を信じさせるか信じさせないかについてなんて深く考えたことが
ありませんでした。

我が家ではよくサンタの話をします。
「いい子にしてないとサンタさんは来ないって言ってたよ〜。」なーんて
ちゃっかり利用してるし。
それにサンタの出てくる絵本も読んであげているし。。
長男はすっかりサンタの存在を信じているようです。
サンタを信じて夢見ている子供の姿ってあまりにもかわいくて、、
それを楽しみたいと思ってしまうのですよね。

でも、、夢が壊れた時のショックを考えると
それはもっともだなぁ、と思いました。
たまたま会社でマネージャーと世間話をしていてサンタの話になったのですが
彼女は結構大きくなる(たぶん10歳くらい)までサンタの存在を信じていたのだそうです。でもある日突然父親に「おまえ、まさかまだサンタがいると思っているんじゃないだろうな?」と言われ、まだ彼女が信じていたことを知った父親は大笑いしてからかったそう。。
その時彼女はかなり傷つき、自分が馬鹿みたいに感じて悲しかったのだそうです。
いまだに(彼女はもう40代オ後半ですが)心の傷になって残っているなんて
よっぽどショックな出来事だったのでしょう。
こんな夢の壊し方だけは絶対にしたくないですよね。

でも親が気をつけていても、もしかしたら学校で他のおませな友達に
本当はサンタがいないことを教えられ、それを信じていたことを馬鹿にされたり
するかもしれません。
シンは繊細な子だからそんなことがあれば傷つくのだろうなぁ。
そんなことになる前に親がさりげなく教えてあげた方がいいのだろうか。。
まだ3歳なのでしばらくはそういう心配をしなくていいと思いますが
これはほんとに難しい問題になってきました〜。

今日はプレイグループのクリスマスパーティがあり、子供のパパの一人が
サンタの姿をして子供たちにプレゼントを配ってくれました。
その時シンはもうすっかり暗くなった窓の外をじーっと眺めて

"Where's reindeer?"(となかいさんはどこ?)。

我が家にある絵本に、外で待っているとなかいの絵が出てくるので
となかいは外でサンタを待っているものだと思っているのでしょう。
もうあまりにかわいくて抱きしめたくなりますよ〜。(笑)

サンタの存在、やっぱり信じていて欲しい、でも、、、
あ〜、これから悩み続けることになりそうです。
posted by popo at 06:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

フェイスペイント

会社でファミリー向けのクリスマスパーティがありました。
ダンナは今風邪をこじらせてかなり具合が悪いので
わたしがシンだけ連れて行くことに。
バルーンアートやフェイスペイント、それからサンタとの写真など、、
シンはそれなりに楽しんでくれたかな。

シンは初めてフェイスペイントに挑戦!



このフェイスペイント、アメリカではとてもポピュラーで
どのお祭りでも見かけるものです。

本人は満足げで、お風呂に入るときも落としたくないというので
今日は顔半分を洗わないことにしたのですが
体を洗った時に水がかかっただけで下のほうは取れてしまいました。
結構カンタンに落ちるものですね〜。
反対になかなか落ちないと困るでしょうけれど。。
posted by popo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

お薦めの赤ちゃん用おもちゃ

海外ママブログのほうにお勧めのアメリカのおもちゃに関するコラムをアップしています。ここです。
シンがお気に入りだったおもちゃを写真つきで紹介しているのでぜひ見てみてくださいね♪

特に最初に紹介しているオムツ換えテーブルの上に取り付けるための鏡はギフトなどにとってもお奨めで私のイチオシです。(詳しくは海外ママコラムで。)

あまり見かけないものだし、ものすご〜く重宝でママも赤ちゃんもうれしいのできっと喜ばれること間違いなしです。
友達に赤ちゃんが産まれるといつもこれをギフトに、、と思うのですがお店で売っているのを見かけたことがないのです。なのでオンラインで買うしかないので時間に余裕のあるときにしかプレゼントできないのですよね。。それがちょっと残念なのですが。。
ここで買えます。

これはずーっと前からぜひ紹介したいと思っていたものだったので、この機会の紹介できてよかった♪
ご自分の出産、またはお友達の出産の際にはぜひこれを思い出してみてくださいな。
posted by popo at 20:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

ディズニーのDVD

日本からオーダーしていたDVDが届きました。シン大喜び!
今回オーダーしたのはブラザーベアアラジントイ・ストーリー2の3枚。



よく「飛び上がるほどうれしい」なんていう表現を使いますよね。
今日シンはDVDを手にしてぴょんぴょん飛び跳ねて喜んでいました。
「ママ!ブラザーベア!ブラザーベア!!」って。
人ってうれしいとほんとに飛び上がるんですね。(笑)
子供は正直だからうれしさを体中で表現してくれます。
子供のこういう純真さにはいつも感動させられるのです。
こんなに喜んでもらえるといくらでも買ってあげたくなっちゃいますねぇ。(笑)
(買えないけど)


posted by popo at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月30日

Say in English!

シンはやっぱり断然日本語よりも英語のほうが得意です。
たまに私が話している内容がわからないと
「なに?」と日本語で言います。(笑)
昨日はついに"Nani? Say in English."といわれてしまいましたぁ〜。
こういう時どうしたらいいんだろ?とその後色々考えました。

日本語で言い方を変えてわかるまでトライすべきか。

英語で言ってわかってもらうか。

英語ではこういうんだよ、と説明を交えて教えるか。

もちろん一番最後の方法がよいのだろうな。
でもこれを続けるのはほんとに大変です!
どういう翻訳の仕方が一番いいんだろう、と私もものすごく頭を使うし
説明に時間もかかる。
そしてわかってもらうにはすごい根気が必要!

でもこれをしなければ今後の日本語の成長は望めないのだろうなぁ。
あきらめずに根気よく、根気よく、、
がんばらないとね!
posted by popo at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

パパ、ぐずらないで!

週末部屋の片づけをしていた時のこと。
パパは子供部屋を片付けようとしていたのですが
シンはパパが片付けようとしているものでその都度遊びたがるので
なかなか進まず、いらいらした彼は
"Pleeease! I'm trying to clean up!"。
(片付けようとしてるんだから勘弁して!)
するとシンに
"Papa, don't get fussy! I'm just trying to play!"
(パパ、ぐずぐず言わないの!僕はただ遊ぼうとしてるだけなんだから!)
といわれたそうです。
それを聞いてしばらく笑いが止まりませんでした。
あははは〜。

それってシンが自分の思い通りにならないことがあり、それを
ちゃんと言葉にしないでキーッとわめいたりする時、いつも
パパがシンに言う言葉なんですよね。
子供はよく聞いているわ。。ほんとに気をつけないと!
posted by popo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月28日

ジンジャーブレッドハウス

一度作ってみたかったジンジャーブレッドハウス♪
これ、全部お菓子で出来ています。

長男に「ジンジャーブレッドハウス作ろうか?」というと、わかっているのかわかっていないのかとても喜んで「うん、作る!!」というのでキットを昨日買ったのでした。数件のお店で色々なキットを見かけましたが、わたしが買ったこのキットは10ドル以下と一番安かった♪ターゲットで買えます。

昨日から「早く作ろう!」とうるさかったシン(でも昨日は忙しくてそれどころではなかった)。今朝起きると「今すぐ作ろう!」とまたうるさい。(笑)
なので朝一番から作業開始。

キットにはすでに焼いてあるクッキー、それからアイシングや飾りのキャンディー類が入っています。まず家の壁をアイシングで飾りつけ、それから家を組み立てます。そして屋根を飾り、家の周りも飾って、、楽しい〜。
こんなにかわいく出来上がりました♪

クリスマスが過ぎるまではこのまま飾っておくことになります。
でもこれって、、、みんなクリスマスが終わったら食べるのかなぁ??
腐ることはないけれど、埃がかぶってそうでちょっとやだなぁ。
子供は食べたがるだろうけれど。
posted by popo at 00:00| Comment(11) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。