2004年10月01日

見習いたい対応

仕事でいくつもの翻訳会社とやり取りをします。
(お金を払ってサービスを受けるほうの立場です。)
こちらに着てからこの6年、多くの会社と取引をしてきましたが
今お付き合いのある会社Mはとても優秀で
ほんとに助かっているし、そのサービスのすばらしさでいつも感動させてくれます。

会社が優秀、といいましたが
実際はその会社に勤めている担当の人がすばらしい、ということです。

まず、どんなにこちらが無理を言ってもいつも気持ちよく
引き受けてくれる。
知識が豊富で質問には自信のある態度で、でも消しておこがましくなく
そしてすばやく答えてくれる。
細やかな配慮があり、こちらのミスまで発見して
私の立場救ってくれることもあります。

その他の会社は例えば無理をお願いすると
あからさまに迷惑そうな声を出したり、
それで無ければ反対にどうしてもこちらの要求をのまなければ、
と必死になりあせって取り乱したり、ということもあります。
後は、、例えばもったいぶることも多いですね。(笑)
こんな要求はほんとは無理難題だけれど、私たちはこれだけ努力して
なんとか可能にします!というのを前に押し出してくるのです。
「どう?私たちってすごいでしょ?感謝してよ?」
という感じですね。

また、ミスをした場合にそれを指摘すると
とにかく言い訳が長い!(苦笑)
ミスを指摘するのは別に相手のあげあしを取ろうとしているわけではありません。
ただ単に同じミスが次は無いように、報告する必要があるだけです。
それなのに多くの担当者たちは自分たちがミスをすると
なんとか取り繕おうとしたり、反対にこちらのミスを話題に出して
自分たちは悪くない、と主張したりします。
これってかなり疲れる。。
忙しいのだから言い訳なんて聞いている暇はないのです。
素直にミスを認めてすぐに修正するか、または改善策を出してもらえれば
こちらはそれでいいのです。

Mはほんとにいつも安心して仕事を任せられたり、無理を言えたりする存在で
私はいつも感謝の気持ちでいっぱいです。
なんとか彼らによい待遇を受けて欲しいと思うので
今週も私はマネージャにお願いして、彼らの会社の社長に
私たちがどれほどありがたく思っているか、ということを伝えて欲しいと
お願いしておきました。
昇給でももらえたとしたら、それが一番のギフトになるだろうと思うので、、

どんなに今までよい会社でも、担当者が変わったとたんに
豹変することは大いにありえます。
だから今の担当者には末永く今の会社でがんばって欲しい。
それにこれだけ一生懸命仕事をしてくれているのだから
何かお返しがしたいと心から思うのです。

彼らの態度を見ていると、自分の仕事に対する姿勢についても
考えさせられます。
社内の人と一緒に仕事をするときにも、彼らの態度を見習って
ほかの人が気持ちよく仕事を出来るような
そんな仕事の仕方がしたいものです。
反対に、自分がされて嫌だと思う態度(その他のサプライヤによく見られるような)は
自分も取らないように気をつけようと思うのでした。
posted by popo at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
初めまして。
翻訳会社の話、とても共感して書き込んでしまいました。
私は翻訳をしている側なのですが、
言い訳より改善策ですよね。

と、うなづきながら拝見していたら、
クックパッドにいらっしゃった方だったのですね。
私も実は以前、クックパッドにおりました(週末料理人KというHNでした)。
レシピのブログのほうも、またゆっくり拝見したいと思います。
初めてなのに長々と失礼しました。
Posted by けいすけ at 2004年10月02日 12:31
けいすけさん、はじめまして。
書き込みありがとうございました♪
翻訳ってほんとに大変な作業だなぁ、と思います。尊敬!

週末料理人Kさん、クックでお名前を拝見したことがあります!
もう退会されてしまわれたのですね〜。
私のレシピのブログはまだ作ったばかりで
たった1つしかアップしていないのですが
これから折を見て更新していくのでまた覗いてみて下さいね。

けいすけさんのサイトにもお邪魔させてください♪
Posted by popo→けいすけさん at 2004年10月02日 12:45
私の仕事はどちらかというとサービスを提供する立場です。
私もたまに上司などを通してお褒めの言葉をいただくのですが、
本当に満足していただけたんだなぁ…と思うのでとてもうれしいです。

実際私も新人の頃、ミスをして言い訳しそうになったことがありました(笑)が、
言い訳しはじめるときりがないですし、例えうまくミスを取り繕ってその場はごまかせても、
いつかは信頼関係にヒビが入れてしまうと思います。
それよりは謝罪し、ミスに改善策を取る方が、長期的にみて、自分にとってもプラスになるし、
仕事上もいいような気がします。

まだまだ現場で学ぶべき事が多いのですが、
将来的に人事関係の部署にうつりたいと考えています。
その時は、人材の開発等の仕事もしたいので、
今回は読んでいてとても勉強になる記事でした。
Posted by satone at 2004年10月04日 13:55
褒めてもらえるくらいだからsatoneさんはほんとに丁寧な対応をされているのでしょうね〜。
ほんとに素直にミスを認めて改善してもらえると気持ちがいいものですよね。
お金を払う立場にいると見過ごしがちなことを、なるべく見過ごさないようにしたいなぁ、と思います。

人事ですか〜。目標があるってよいですね。
がんばってくださいね〜。
Posted by popo→satoneさん at 2004年10月05日 04:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/716730

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。