2004年09月29日

どんぐり

久々に長男を連れてプレイグループに参加してきました。
いつもは他の子供たちの中に入っていけないシンですが
今日はかなり打ち解けて私から離れて他の子と一緒に遊んでくれたので
うれしかった〜。

そしていつもはあまり知らない人がいると無口になってしまう彼ですが
今日はほかのママたちにも少しお話したそうで
「仕事してるのにここまで日本語を教えてえらいねー。」と言ってもらって
それもうれしかった。
ちゃんと日本語で返事をしていたって。
私にはたいてい英語で答えるんだけどな。
これからも、もっともっと日本語で話しかけてあげようと思う。
母にも「お願いだからちゃんと日本語を教えておいてね。」と念を押されています。
だって日本語が話せないと母はまったくシンと会話ができないし
それは寂しすぎますもんね。

話は変わりますが
シンの学校には大きな木がたくさんあって
今はどんぐりがたくさん落ちています。
今落ちているのはほとんど緑色のものなのですが
「もうすぐ涼しくなって秋が来るけど、そうしたらどんぐりは
茶色になるんだよ。」なんて話をしながら毎日一緒に歩いています。
ここ数日、茶色いどんぐりをちらほら見かけるようになりました。
茶色いどんぐりを見つけると、シンはうれしそうにそれを拾います。

この間はどんぐりの帽子(っていうのかな?)を見つけたので
「ほら、帽子だよ!」ってどんぐりにかぶせて見せてあげると
すごーくうれしそうにして
"Can you put that in my lunch bag? I will show it to David"。
こういうとき、すごーくやさしい気持ちになれて
子供に感謝したくなります。

ちなみにDavidというのはシンがとても仲良くしている
(というかしてもらっている?)男の子ですが、もう5歳なので
シンよりずーっと大きいのです。
シンみたいに小さい子と遊んでも面白くないのじゃないかと思うのだけど
いつもほんとによくシンの面倒を見てくれているらしく
ありがたいなぁ、と思っています。
彼の誕生日パーティに今週末招待されているのですが
とても楽しみです。
ディビッドがとてもやさしい子みたいなので
きっと家族もよい人たちなんだろうなぁ。
posted by popo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。