2004年08月24日

Joy of Cooking

Joy of Cooking

アマゾンジャパンで詳細を見る
amazon.com で詳細を見る

この本の初版が発行されたのはなんと1931年。
その後作者の子供、孫へと引き継がれながら改良され続けている本です。
これは1997年に改定されたバージョン。
1000ページもあるこの本はまさに料理の百科事典です。
アメリカで一冊料理の本を買うなら迷わずこの本をお奨めします。

私はあれ作りたいな、、なんて思ったときにはまずこの本を手に取ります。
パンケーキやワッフルを作るときはいつもこの本のレシピですがほんとにおいしいので感動します。
それに定番からアレンジバージョンまで載っているので応用もききます。
とにかくアメリカで思いつく料理はほぼ網羅されている、という本です。

アメリカに住んでいる人にはもちろん、
日本に住んでいる人にもぜったいのお奨めです。
単位の換算表もついていて便利ですよ〜。

そして面白いのが、、この本の初代オリジナルバージョンが復刊になって販売されていることです。


Joy of Cooking-A Compilation of Reliable Recipes With a Casual Culinary Chat

アマゾンジャパンで詳細を見る
amazon.com で詳細を見る

1931年というと、今から70年以上前ですね。
この本ははっきりいって現在の1997年バージョンとはまったく異なる本という感じです。
レシピの手順の書き方も今とは全然違って興味深いです。

レシピは今でも食べられているようなものがほとんどですが、中には今では反対にとても新鮮に感じられるものもあり、読んでいるだけで楽しいですよ。
今ぱらぱらめくっていて目に付いた面白いレシピは、、「ライスマフィン」!マフィンに炊いたご飯を入れて焼いています。楽しいでしょう〜?(笑)

実は私はアンティークストアで見つけた2nd editionも持っています。これは現在では一般では入手不可能。私の大事なコレクションです。
posted by popo at 12:22| Comment(8) | TrackBack(0) | おすすめレシピ本-洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
んも〜popoさんたら、オススメ上手なんだからぁ♪
またまた私、買いたくなりました(笑)

ライスマフィンって何だー?!と思ってしまいました。焼きそばパンのように炭水化物オンリーな物のようですが(笑)興味深々です。
大学時代の友人に「さちえは料理と運動好きだからお金節約するのなかなか出来ないでしょ(笑)」と言われました。
確かにスポーツクラブや食材・キッチン用品にお金を使うとなかなか思うようには・・・
でも、それが楽しかったりするので私的にはOKです(←マサシが冷や汗かきそうです・笑)

P.Sシン君&マー君元気になりましたか?
Posted by さちえ at 2004年08月25日 13:22
この本はちょっと高価ですよね。(笑)
買う前によーく考えてからどうぞ〜。

ライスマフィンは、ただ普通のマフィンにご飯を混ぜて焼く、みたいな感じでした。
ご飯があまったときにぴったり!って書いてありましたよ。(笑)

キッチン用品をそろえるのって楽しいですよねぇ。
私もついついお金を使ってしまいます。

おかげさまで子供たちはもうすっかり元気です。
残るはパパのみ。。でも彼も今日はかなり回復したようです。どうもありがとう〜♪
Posted by popo→さちえさん at 2004年08月26日 03:25
だんな様、いかがですか?

わたしもレシピの本とか好きなんですが、
なかなか使いこなせずに本棚で夜鳴きしていることが多いです。
Posted by Miopapa at 2004年08月27日 12:34
主人はようやく調子が戻りつつあります。
やっと我が家も普通の生活に戻りホッとしています。
お気づかいありがとうございます〜。

私もレシピ本全然使いこなせていません。(苦笑)
一生毎日違うレシピを試しても足りないくらい
本があるかも、です。
Posted by popo→Miopapaさん at 2004年08月28日 05:27
こんばんは〜。やっと家事をひととおり終えて、ほっと至福のひととき。ふぅ〜。

じょいおぶくっきんぐ、、、私も持ってます。
これを手に入れるまでは結構時間がかかって・・・。
PBSは良く見ていたんだけど、あのうじゃうじゃくじゃくじゃ文字がギッシリつまった本を買うのは、何故か躊躇していました。<日本のお料理本の写真の美しさに見慣れているとねー。つい。

が、しかし!ガレージセールで 発見。なんと15セント! 
色も変わりつつあるふっるーーーい本。でもページ落ちはなさそうだし、レシピは古くても温故知新よね、なんて思いながら買いました。 実はちょっとしたことを調べるときに、わさわさとあけては、結構役に立ってます。ハイ。(^^;)

・・・って、私もお料理本、たんまりあります。popoさんの永久保存版はありますか?

私は城戸崎愛さんのレシピが好きで、結構集めたけれど、いい加減、作り慣れたものは、ガレージセールで里子にだしたり。。。 今はこの2つを征服中。Feeding the whole family (Cynthia Lair著) と、vegi dining (藤本エドワード医師) ←こっちは栄養の話が半分。お料理に慣れていない人にはムズイ本かも。
 

Posted by ruru at 2004年08月28日 16:18
アメリカの本はほんとに写真がないもんね〜。
それなのに高い!
15セントは破格ですね〜。新しいバージョンの本ですか?私、レシピ本は結構古本が好きですよ。
使い古された感じってなんかよいですよね。
城戸崎愛さん、私も好きでした!
ガレージセールで里子か〜。私はレシピ本がどうしても手放せないのです。たまる一方!だから家の中が散らかるのですね。

Feeding the whole familyってどんな本かな?チェックしてみま〜す。
Posted by popo→ruruさん at 2004年08月29日 11:19
こんばんは〜。
わはは、、、私はいよーに(イヨちゃんではない)本がたまりすぎる。多すぎる〜。 レシピ本に限っていえば、特に、”使いこなせていない”レシピ本は、「いつか挑戦する気になるかも?」と、本棚で、出番待ち。<待ち状態で数年以上!! うぎゃっ。

城戸崎愛さんのレシピって、美味しいんですよね。
でも、ここに注意!(?)後年、城戸崎さんは糖尿病になられたのご存知? こ、これを作り続けて、美味しい美味しい、と美食していたら、行く先は糖尿病!? ・・・と、少々方向転換。加齢のせいもあり、”健康”がキーワード私。。。モチこれに”美食”が必須。 これって実は難しかったりしません? ああ、おいしぃ〜、、、とうならせてくれるクリーム(ヘビークリーム)やバターと”へるしー”は、相反するところにあり、、、と。 よよよ。

というわけで、最近は、ベジタリアンの勉強中。(うちは肉も魚も食べているけど、、、。) チーズもお肉もお魚も使わないとどんなお料理になるのかな??? っと、
気になって、結構ハマってます。 なんつーか、イイカンジに刺激があって、今まで、いろんなお料理を作りつくした感があったけれど(=食べつくした、、ね)新しい発見でした。 

Feeding the whole family 図書館にあるといいですね。シアトルにはありましたよ。<結構ぼろぼろ、、、活用されているのね、、、
あんまりレシピはないから、買うまでは無いと思うけれど。。。離乳食のアイディアまであって、ベジタリアン・チリは、お肉が入っていないのに、とてもおいしかったです。このチリのレシピだけはオススメ! あとレシピは、さらっとスキムして、フンフンとつくれますヨ。

ちなみに、私はこれを友達がプレゼントしてくれたんです。
Posted by ruru at 2004年08月29日 14:08
数年以上なんてまだまだ!うちの書棚には10年以上前の本がたくさんです〜。(笑)
城戸崎愛さんが糖尿病っていうのは知りませんでした。
ほんとにおいしいものはたいてい高カロリー高ファットってことが多いのよねぇ。
私もクリーム系とか大好きなのです。

アメリカの本ならきっとこのあたりの図書館にもありますね!ぜひチェックしてみます〜。
Posted by popo→ruruさん at 2004年08月30日 08:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。