2004年12月31日

ニューイヤーズイブのパーティ

義理兄夫婦、子供たち3人を連れて(マーとパパはお留守番)Kマートへ。オースティンにはもうKマートはなくなってしまったので、、マーサブランドのとってもかわいいキッチンタオルを発見+購入♪
子供たちはどこに行っても大はしゃぎ。二人一緒だと何をしても楽しいらしいです。

ニューイヤーズイブは毎年恒例で義理父の友人たちが集まってのパーティがあります。ポットラックなのですがご馳走が並ぶので私は毎日とても楽しみにしているのです。ほぼ全員が日系アメリカ人たちなので、お煮しめや時には数の子なんかもあるのです。すごくおいしいお刺身が出た年もあったなぁ。。それ以外にもメキシカンやアメリカンスタイルの料理等、さまざまです。義母が持って行くものは毎年同じでポークのかたまりを煮た中華料理。角煮のような味付けですがとても手が込んでいて、まずゆでて、それから焼き、その後蒸すのです。皮付きで料理します。これもとーってもおいしいです。

みんなが毎年持ってくる料理はだいたい決まっているようです。今年はスペアリブ、鴨のロースト、中華風焼き豚、ローストチキン、韓国風カルビ、金平ゴボウ、お煮しめ(なぜかマッシュルームが入っていた。。)、レンコンとごぼうの煮物、数の子、マグロのお刺身、マカロニサラダ、漬物巻き、いなり寿司、かきあげ(のようなもの)、レタスとオレンジのサラダ、酢の物、それからタキートスやタマリ、タコス風キャセロール等のメキシカンフード、、その他色々、、もちろんまたまた食べ過ぎました。(苦笑)

家に戻ってきたのは11時ごろでしたがシンとダニエルは車の中でも寝ずに起きていました(DVDを見ているためだと思われます)。眠ってしまってもいいようにパジャマに着替えさせて車に乗せたのですけどね〜。

家に帰って子供たちを寝かしつけるともう12時は間近。ニューイヤーズイブには12時までみんなで起きていて年が明けると同時にシャンペンで乾杯するのが慣わし。妊娠中のときなどにはもう眠くて眠くてとても起きていられず、私は眠ってしまっていたりしましたが今年はなんとか持ちこたえ、一緒に乾杯をすることが出来ました。

今年は新しい家族が増えたとても幸せな年でした。もちろん楽しいばかりでなく大変なこともありましたがなんとか乗り越えてこられました。来年もまた新たな気持ちで夢に向かってがんばりつつ、日々の生活も楽しんでいきたいなぁ、と思います。
posted by popo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカでの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1473611

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。