2004年12月21日

I like you, Mama!

長男は毎日10回くらい
"Mama, I like you!" と言ってくれます。
そのたびに私は「ママもシンくん大好きだよぉ〜!」と答えます。
ラブラブ親子です。(笑)
たまに
"I like mama. I like Ma-kun... I don't like papa! He is kusai!"
なんてことも言っています。
パパがくさいとかダサいとか私がよく冗談で教えていた結果です。
パパごめんね〜。

でもシンはほんとに"Polite"(礼儀正しい?)です。
夕飯を食べる時はよく
"Yummy! I like it. Thank you mama, for making it!" とか
あと何か買ってきたものを食べさせる時でさえ
"Thank you for buying this for me!".

おもちゃなんかを買ってきてあげると
"Is this for me?! Thank you! Thank you, mama!"。

ほんとに気持ちがいいです。
どこで覚えてきたのだろう。学校でしっかり教えてくれているのかなぁ。

私もよく息子に「ありがとう!」というように心がけています。
例えばちょっとしたお手伝いをしてくれた場合。
たとえそれがかえって邪魔になっていたりしたとしても
「手伝ってくれてありがとう!」。
それから何か彼が要求をして、それに答えてあげられないとき
(例えばおもちゃとかお菓子を買って!とねだられて、ダメだといわないと
いけないとき)など、言い聞かせてわかってくれたら
「シンくん、わかってくれてありがとう!」などなど。。
たいてい大げさに褒めることにしています。
「うわ〜、シンくん優しいなぁ。ほんとにありがとう!」って。
そうするととても自慢げなうれしそうな顔をするから。

もしかしたらそれが影響しているのかな。
だとしたらうれしいことです。

これから成長していくにつれて、人に何かしてあげても「ありがとう」と
言ってもらえなかったり、または反対に迷惑がられたりすることもあるでしょう。
そういう場面に出くわしてもめげず、自分は周りの人に対していつも
感謝の気持ちを持って「ありがとう」と言える、そういう人に育ってもらいたいです。
(これは自分自身に対する課題でもあるのですが。。)

「感謝のあるところに不満はない」
どこで聞いた言葉だったか忘れてしまいましたが
ほんとにその通りだなぁ、と思います。
いつも「ありがたい」と思う気持ちを持っていれば
何かを不満に思うということはきっとないのではないでしょうか。
でもそれで向上心がなくなってはだめなので
そこが難しいところですね。。
posted by popo at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 長男育児にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しんくん、本当にお母さんのことが大好きなんですね♪
hpを読んでいると、ほのぼのとした親子なんだなーというのが伝わってきます。
我が子に「お母さん好きだよ」と言ってもらうのって素敵ですよね、私の夢です。
うちの子も話せるようになるのが楽しみです。

popoさんがおっしゃるように、感謝のあるところに不満はないのですよね。
子供に対して何かをしてくれたら、それが何であろうが、ありがとう という言葉と感謝の気持ちを伝えることが、子供への良いお手本であり、自分自身も成長できますもんね!
なるほど!私も子供にはこんなふうに接していきたいと思いました。
親が一生懸命子供に何かを教えている姿を子供はきっと見ていると思いますし、向上心も感謝の気持ちがあれば、高まっていくのでしょうねっっ。
Posted by toto at 2004年12月23日 17:21
「ママ大好き」なんて言って貰うとほんとに和みますよ♪普段から子供にそういう言葉をかけてあげているときっと子供も返してくれるようになるのではないかな〜。
話せるようになるとほんとに面白いです。子供ってこんなこと考えてるんだぁって。

ほんとに子供って口で言っても絶対ダメだって思うんです。親のすることをしっかり見ているんですよね。まずは親がお手本にならないと、、親も子供と一緒に成長していかないといけないですよね(と自分に言い聞かせていますが、、)。お互いがんばりましょうね〜。
Posted by popo→totoさん at 2004年12月24日 00:33
popoさんとこのシンくんとうちの長男はほんとに共通点が多いよー!

長男もシンくんとまったく同じように言ってます。
もう6歳。ママと手を繋いだりする所を友達に見られるのもはずかしいと
思ったりする子も出てくる年齢です。
でもまだまだ長男の私への愛の表現(爆)はストレート!
一日に何回も『ママ、だいすきだよー。』と抱きついてチューしてくれます。
ご飯の時には『ママのつくったごはんがいちばんおいしー!』
新しい洋服を買っているだけでも『ぼくのためにかってくれてありがと!』
などなど・・・。ほんとシンくんとおんなじです。

ちっちゃい時からやさしくて、お友達に何かされても泣くばかりだった
長男を時には『もっとつよくなってほしい!』って思った時も多々あったけど、
きっと繊細な子には繊細な子にしか持ち得ない、とびきり優しい感性を持っているんだと思う。

最近では弱くったって、強くてお友達に意地悪してしまうより全然ステキだ!と思うようになったよ。

シンくんもとびきりステキなナイスガイになる事でしょう!
将来が楽しみだね♪
Posted by みーじゃ at 2004年12月24日 13:44
わー、ほんとにそっくりで笑える!なんだかみーじゃさんの子供たちにはほんと親近感を持ってしまうわ〜。しかし6歳になってもそうやって言ってくれるのか〜。5歳くらいまでには終わりかなと思ったけど。いいな、いいな〜。(笑)うちはいつまで続くだろ。

ほんと、その子にはその子供のよさっていうのがあるのよね。生きていくうえで必要な強さはみにつけてもらわないといけないけれど、やさしいってやっぱりいいことだよね。
Posted by popo→みーじゃさん at 2004年12月24日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1372984

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。